-->
乗用車の(全損)とはその名称が示すように全部が壊れてしまった状況でつまり走行が出来ない等乗用車として役目を果たさなくなった時に判断されますが自動車保険で決められている《全損》はちょっと異なる意味が含まれていたりします。車の保険においては車が損傷を受けた場合には〈全損と分損〉という2つの状態分類され分損は修復の費用が補償内でおさまる場面を示し、その場合とは逆に〈全損〉とは修復の費用が保険額より高くなる状況を言います。通常、乗用車の修理で《全損》と判断されると車の心臓となるエンジンに取り返しのつかない被害があったり車の骨格がいびつになっていて元に戻すことが無理な場合、リユースか廃車にするのが常識です。しかし、乗用車の事故が起こって販売会社や自動車保険会社がこのような修理の費用を見積もりした場面でどんなに見た感じが問題なく修復ができる状態でも修理の費用が補償よりも大きければ何の目的のために自動車の保険に加入しているのか分からなくなります。このような状況では、【全損】と結論付けて乗用車の所有権を自動車保険の会社へ譲渡して補償金額を頂くシステムとなっています。かなりの時間使用したマイカーで執着があり自分で修理をしてでも使いたいと希望するひとはいくらでもいますので状態に応じて自動車保険会社と話すといいかもしれません。さらに、自動車の保険の種類によってはそういった状況を想定して特約等の《全損》の際に特約ついている状態が多く万が一車が《全損》なっても新しく車を買う費用を多少なりとも負担してくれるケースもあります。盗まれた時の補償の特約をつけている場合盗難にあったマイカーが見つからない状態でも【全損】と扱われ、補償されるサービスになっています。

Link

Copyright © 1997 www.volcano-inn.xyz All Rights Reserved.