-->
自動車の損害保険には読者の皆様ももうご存知かと思うのですが等級という略称で知られる指標があります。正確にはノンフリート等級別料率制度と呼称され、保険の料金にかなり大きく関係しています。等級とは、自動車の損害保険に入っている者のフェアな料金設定を保つことが目標としているためトラブルを生じさせてしまう危険性ないしは車の保険を使用する確率が高ければ大きいと見込まれるほど保険料が値上げされます。逆に交通事故を発生させる可能性がより低く、クルマの保険を利用するとはあまり思われない利用者は低リスクの保険利用者であるだろうと認定され保険の料金が値下げされます。安全運転している運転手の方のほうがより優遇される枠組みとなっているので事故を起こしてしまいやすい被保険者には多少デメリットのある機構であるといえます。等級という仕組みは、優良ドライバーと事故のリスクがより高い運転者の保険の料金が同額だとアンフェアに思う顧客が多数を占めるので保険を取り扱う会社サイドにとっても支払い損を低減させるためにどうしても欠くべからざる仕組みだと考えられるのです。さて、等級という仕組みが具体的にいって一体どういった機構なのか明らかにしましょう。第一に、等級というものには1等級に始まり20等級まで設定されており級が大きくなると保険料が安くなる機構になっていることに注意しましょう。さらに、1等級から3等級までは低廉にならずかえって値段が上がり、アクシデントを発生させて自動車保険を使用すると等級が3つ低くなり負担の大きい自動車損害保険を振り込んでいくことになるのです。第三にまったく初めてクルマの損害保険に申請するならば6等級より開始となり、その時から自分の等級が低くなっていくのか上がっていくのかは運転手によります。そのため掛け金を安く抑えたい運転手は交通事故を引き起こさないように余裕を持った運転に留意するのがまずは一番大事です。

Link

Copyright © 1997 www.volcano-inn.xyz All Rights Reserved.